スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女学生探偵と偏屈作家 発売!

12月になってしまった。
別に12月はなにも悪くないけど、今月で今年も終わりかと思うと12月というのはなんだか身構えてしまう。
身構えたからにはなんだか一戦交えなければならないような気になってきますが
そんな武闘派ではないし、やめておきます。

さて小説【女学生探偵と偏屈作家】無事発売されました。

もう読破した人がちらほらいるみたいで、嬉しい限りです。
そうだよなあ、書くのは大変でも読み終えるのは一日なんだよな、なんてしみじみ思ってしまいました。
はやく読み終えたということはそれだけスイスイ読めたのだと勝手に良い解釈をしちゃってますが
実際のところ感想を人から聞くのはドキドキこわごわといった面があるのもまた事実。
万人が喜ぶ物語ないと分かってはいても、です。
まあ人間そういうものですね。

特典CDには小説第一話の物語を曲にした『明尾高屋上投身事件』が収録されてます。
この機会にその曲の歌詞をこちらに載せておきましょう。
【明尾高屋上投身事件・歌詞】

これは楽曲『古書屋敷殺人事件』を作ったときと同じ要領で作詞してます。
つまり歌詞を読んでも誰が犯人でトリックがどういうものかなんてわかりませーん
ということです。
古書屋敷のときと違って今回は小説本編で物語の全容を把握したうえで聴いてもらえるだろうと
思うので、なるほどてにをはが物語を曲にするとこうなるわけか!
と多少なりとも納得してもらえるんじゃないかなと思います。

ではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。