スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語を活かせないものか

前回、音楽的な面から『和』について考えてみたわけですが

その後アレンジや構成をこまごまと何度も練り直す辛い状態に陥りつつも

なんとかオケを完成させることができました。

オケが出来たなら、次は詞にとりかかるのが世の常。人の宿命。

ということで作詞です。

音楽的テーマが『和』なので詞も日本語の良さを活かしたものに挑戦したいと思います。

とはいえ、自分は元々英語が苦手で詞はいつもたいてい日本語のみなんですけどね。

               □

詞には前々から小説のネタとして考えてあったストーリーを適用してみます。

そのあたりは一作目のルリビタキと同じ流れです。

簡単に言うと物心ついた頃から鬼の面を被り続けることを宿命付けられた娘の話です。

姿は鬼。ではその心の内は?

というような内容です。

そのストーリーに沿って実際に詞にしていく過程で心がけたのは

『言葉のリズム』です。

なんて偉そうに言ってますが実践するのは大変なことです。

あくまで、結果は別にしてとにかくそこを意識してみよう、という気持ちです。

さて、言葉によるリズムというのは具体的にどうすれば生まれるのか……

分かりやすい例としては

フレーズの頭や終わりに同じ母音や子音を持ってくる

というものがあります。

「よきひとの よしとよくみて よしといひし よしのよくみよ よきひとよくみつ」

と万葉集にもあります。

こういった技は歌の世界で古くから使用されているようです。

声に出して読むだけで心地よいリズムが生まれますね。

もちろん言葉の字数も非常に大切です。

短歌のような五七五がその最たる例ですね。

その他、昭和の時代に活躍したたたき売りや見世物小屋の口上なども

思わずうならされてしまうような巧みな日本語の使われ方がされています。

こういった点を意識しながら旋律に乗ったときに

心地よく聞こえる言葉を探していきます。

肝心のストーリー、文章としての意味にも気を使わなければならないので難しい所です。

個人的にはこうして頭を抱え、日本語と格闘している時間がたまらなく心地よいです。

果たして意味があるんだろうか

と我ながら思ってしまうような部分にまで注意を払って何度も言葉を入れ替えます。

しかし当然ながら、最終的に詞を解釈したり評価したりするのは

聴く側の方々なのでこちらの狙った効果が伝わらなかったり

理解されなかったりすることもあるでしょう。

そのときはものすごくショックを受けます。

とても美人な女性に突然頬を叩かれるくらいのショックを引きずりながら次の曲を作ります。

               □

さあ、詞が出来ました。

タイトルは

『鬼は敲く月下の門』

です。

小難しくしてみました。

由来もありますが、今はそれはおいといて、好き嫌いが別れそうですね。

でも雰囲気って大事です。

これでタイトルが『I Love You』だったら問題ですよね(極端)。

前作同様、完成した詞を初音ミクに歌ってもらいます。

心なしか一作目よりも調整が良い感じになったような……? 気もしたり。

これをオケと合わせれば、完成です。

この曲も近いうちにどこかで披露できればと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。