スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初投稿



はい、ついにニコニコ動画へ投稿しました。

まずキュートな絵を描き、動画を作成してくれた七星さん

本当にありがとう!

究極に、比類なきほどに感謝です。

               □

それにしてもいつも見ていた画面から

自分の曲が聞こえてくるっていうのは実に奇妙な感覚ですね。

さて、このドキドキが初恋のそれと似ているかどうかはさておき

こちらが歌詞になります↓

―――――――――――――――――

【ルリビタキの巣】

海のような空をふたりで見ていた
だけど雨はしばらく降らないだろう

潰された果実はもう果実じゃない
それならこれももうわたしのママじゃない

洋服の背中にハサミで穴を開けてる
翼が邪魔で着れないのね かわいそう

孤独なあの子を見ていたい
ひざに血滲ませて
太陽の見あたらない青空
雛鳥は落ちてく

空には転がり落ちてきそうな月
痣を咲かせあいながら川を下るの

かんちがいの翼広げ あの子が飛んだ

夏の空

孤独なあの子を見ていたい
ひざに血滲ませて
太陽の見あたらない青空
雛鳥は落ちた

―――――――――――――――――

前にも書いたんですがルリビタキというのはツグミ科の鳥です。

世の中には他の鳥の巣に自分の卵を産んで『育てさせる』

『托卵』という行為を行う鳥がいるそうで

ルリビタキはというと、卵を『育てさせられる』方の鳥だそうです。

つまり、ルリビタキの巣では違う種類の鳥が一緒に生まれ、育つわけです。

また、托卵をする鳥として有名なカッコウの雛は

自分が先に卵から孵ると元々そこにあった卵を

巣の下へ落としてしまうことがあるそうです。

自分はこのエピソードを知ってこの曲の元になった小説

『ルリビタキの巣』を書きました。

――――――――――――――――――――――――

自分とは人間として決定的に違うと感じる相手と

同じ部屋で過ごすことになったふたりの少女。

彼女らはお互いに相手を巣の下へ落としてやろうと

激しく、残酷にぶつかり合う。

――――――――――――――――――――――――

というような内容です。

また機会を見つけて物語の詳しい概略を書きたいなと思っています。

とにもかくにも、ようやく初投稿です。

聴いてもらえると嬉しいです。

そしてもしも気に行ってもらえたならひとりきりで本気のガッツポーズをして喜びます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。