スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想の整理整頓

先日とある新人賞に小説を投稿しました。

その際にB5のでっかい封筒に宛先を書いたんですが

誤字のないように気を張っていたことと

手書きで字を書くのが久しぶりだったことで異様に手が疲れました。

というわけで小説は書いているときももちろん大変なことは多いんですが

出来上がった後も案外大変だったりします、という話です。

①推敲して誤字脱字がないかどうか地道にチェックする

②原稿とは別に応募要項を書いて用意する

③あらすじを指定文字数内に収めて分かりやすく書く

④実際に原稿を紙に印刷する

⑤ページ飛びや印刷ミスがないか確認する

⑥原稿にパンチで穴を開けて紐などで閉じる

⑦封筒に丁寧に宛先を書く

⑧原稿を郵便局に持っていく

ざっと上げると以上のような感じです。

これをひとりで黙々とやっていると内職でもしているような気分になってきます。

といっても好きでやっているわけですし実際内職のようなものなんですが。

しかし、ここまでの段階を乗り越えて無事期日までに投稿し終えることができると

その合否に関わらず、いつもとてもすがすがしい気持ちになれるんです。

ずっと放置していた洋服を綺麗にたたんで箪笥にしまった後のような

すっきりした気持ちとでもいいましょうか。

まさに妄想の整理整頓です。

小説ってつまるところは自分の脳内の産物なわけですが

紙に印刷した時点でそれは手で触れる現実の物になります。

その存在があやふやだった自分の脳内のストーリーが現実に形になる。

印刷代もバカにはなりませんが、これは一種の快感です。

気持ちの面でもひとつの区切りになります。

それまでの何ヶ月間、下手をすれば一年、二年と頭の中で考え続けてきた作品の

世界から離れるというのはなかなか感慨深いものがあります。

そういう喜怒哀楽では表せない感情が脳や心というものを

活性化させるということも、もしかしたらあるのかもしれないですね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。