スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホラー小説

近頃、身近な人に自分の小説を読んでもらうという機会に

続けて恵まれ、非常に助かってます。

あ~でもないこ~でもないと意見や感想を聞かせてもらうのは

うれし恥ずかしというところですが、小説を書く人間にとって

実際に自分以外の人に作品を読んでもらう、そのうえで忌憚ない感想を

述べてもらうというのは非常に大切なことなんです。

しかも場合によってはそれは望んでも簡単には巡りあえない機会でもあります。

なぜってまず小説は音楽と違って3~4分聴いてもらって感想を聞くということが

できない娯楽だからです。

短編でも読み終えるのに30分前後はかかると思いますし

読書の場合、中には読む速度が遅い人もいますのでまちまちになってきます。

その点、音楽ならいったん再生すれば平等に同じ時間で聴き終えられます。

このことからおいそれと「これ読んで感想を聞かせてください」

とは言いづらい面があるんです。

また、哀しいかな音楽鑑賞と読書とでは

実生活の中での娯楽としての定着度がまるで違うのでここでもまた

無闇にお願いすることがためらわれてしまうんです。

音楽をまったく聞かないという人はほとんどいないと思いますが

「普段あまり本を読まないんだよね」

「目が痛くなるから読書は嫌い」

「漫画しか見ない」

という人は案外いるもので、そういう人にどっさりと原稿を渡して

これを読んで真面目に感想を聞かせて欲しいと言ったってそれは

酷と言うもので、そんなことをしたらきっとその人は

いきなり読書感想文の宿題を出された人独特の複雑な表情を見せることでしょう。

さらに、読書と言うのは何かをしながらすることがとても困難な娯楽、作業です。

音楽を聞きながらゲームや携帯を触っている人はいても

本を読みながら同時にそれをしている人を俺はいまだ見かけたことがありません。

そんなふうに読書はそれをしている間その人の行動を完全に縛ってしまうわけだから

よほど勝手知ったる友達でもなければ頼めないのです。弱虫な俺は特に、顕著に。

といったように自作の小説を試しに読んでもらう機会を得るというのは

案外レアなんです。

そして冒頭に戻るわけですが、近頃そんなレアな機会に続けて恵まれまして

率直な感想をいくつか貰うことができました。

今回読んでもらったのはホラー小説だったんですが

どういうポイントで怖いと感じたか、どういう情景が浮かんだか

話の結末についての各々の解釈、などを重点的に聞き

自分が活字上で意図したことや仕掛けたものが思うような効果を

出しているか否かを肌で感じられました。

そういえば感想を求める際に、みんな前置きとして

「自分はたくさんの本を読んできたわけではないから的確な意見が

言えるかどうかは分からないけれど……」

というようなことを慎ましく言ってくれるんですが

むしろこちらとしてはそういう自覚のあるような人にこそ

まっさらな気持ちで読んでもらいたいくらいなのでちっとも構わないんです。

活字中毒の人に難しい顔をして読まれるのも当然得る物はありますが

読者としてより一般的な位置にいる人の意見こそありがたく感じます。

音楽にも同じことが言えると思います。

今回読んでくれた人たちに感謝を。

そしてきっと、たぶん、間違いなく俺は今回のことに味をしめて

遠からず別の作品も胸元につきつけてしまうと思いますが

その時は困った人物を見るような顔をしてもいいから

笑って許してやってください。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。