スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女学生探偵と偏屈作家

女学生探偵・小説

来たる11月30日にわたくし、てにをは著の小説『女学生探偵と偏屈作家』→(アマゾン・リンク)が
アスキー・メディアワークスから発売されます。
このブログを書いている時点で発売までもう1週間を切っています。
ドキドキドキドキとここしばらく鼓動が止まりません。止まったら止まったで死んじゃうわけですが。

それにしても「自分が書いた書籍が刊行される」というこの状況、本当に感慨深いものがあります。
上手い下手を別にして、ぼくは昔から頃からお話を書くのが好きで好きで、
妄想をノートにつづってばかりいました。
それは落書きだったり、漫画だったり、作曲だったり、曲に載せる歌詞だったりと様々でした。
年齢と共に表現方法は移り変わっていったわけですが、しかし一貫してそこには物語がありました。
こんな夢見がちなことはそのうち自然とやらなくなっていくのかな。なんて思ったりもしましたが
なぜか大人になっても治まらず、むしろ悪化しました。

そんな自分が本を出す。これはCDアルバムを出すのと同じくらいの大事件です。
しかし実際に原稿を書く前は手放しで喜べる心境でもありませんでした。
なぜって、書くからには面白くなけりゃ意味がないからです。
面白くなかったらなんのために長い間ひとりで黙々と物を書き続けてきたのか分かりません。
だから女学生探偵の小説を書くという行為は
ある意味これまでの人生を肯定するためのとりくみでもあったわけです。

その昔「七人のおたく」という邦画がありました。
黒澤明の名作「七人の侍」の現代版パロディのような映画です。
その映画の中で内村光良演じるカンフーおたくは
18年間ひとりで肉体を鍛え続けてきたにもかかわらず
それを発揮する機会に巡り合えず、くすぶっている男でした。
しかしついに己の肉体と技を存分に活かせる戦いの場を得て
彼は恐れながらも、戦えることの喜びにうち震えるのです。
女学生探偵を書いている途中はまさに自分もそんな心境でした。

つまりなにが言いたいかというと、「七人のおたく」は面白い!

小説の挿絵はもちろんなのりさんです。
今回の小説化にあたって大変お世話になりました。
内容については自分でやれるだけのことをやったので、あとは胸を張って小説発売を待つだけです。
書店に並んだあかつきにはぜひ先生とひばりちゃん、そして枯島の住む世界をご堪能ください。

ではまた。
スポンサーサイト

Comment

小説すごい楽しみです(*´∀`)♪早く読みたいッ!

楽しみです

同じ小説家として、てにをはさんの作品を心から楽しみにしています。
発売おめでとうございます!

No title

発売日楽しみにしてます

No title

わーーーーお!!!!!
ついに小説が発売されるのですね!!!!!
読まねば!!!!!!!!!!!!!
これはもう、私も心臓がバクバク…
といいますか、ウキウキです♪♪♪♪♪
本当におめでとうございます^^

No title

アニメイトで買うと特典が付くらしいですが、
他の所では付かないのでしょうか???

よくわかりませんが!
とにかく、発売おめでとうございます!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。