スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカロイドは11月17日の夢を見るか

繍

11月17日のイベント『THE VOC@LOiD M@STER27』にサークルてにをは屋敷で参加します。

【イベント詳細】
ボーマスHP
開催地:東京都 池袋 サンシャインシティ
     文化会館2F 展示ホールD
11:30 開場

【当日のスペース】
え 07.08

【持って行く品】
女学生探偵ロック(アルバム) 2500円
密室音楽箱(ミニアルバム)  500円
繍 -ぬいとり-(ミニアルバム) 500円

『繍 -ぬいとり-』は写真にもあるように過去の曲の新録、ボカロ一新バージョンです。

1.番蝶 ~リン歌唱、バンドサウンドVer~
2.紅鳶捨猫録 ~リン歌唱、アンニュイ似非ジャズVer~
3.浮雲 ~ミク歌唱、アコースティックVer~
4.鬼は敲く月下の門 ~リン歌唱、アコギロックVer~
5.胎児孕む胎児 ~V3版ミク歌唱、70年代プログレVer~
6.ぬいとり ~インスト~

例えば番蝶はリンが歌っていますし、紅鳶捨猫録は曲構成すら大幅に変わっています。
個人的には胎児孕む胎児が気に入っていて、これはもはや胎児転生~大人向け版といった所です。
原曲よりはるかに不穏で幽玄で恐ろしくなっていますのでご期待ください。

こちらのCD、実は諸々の事情でイベント10日前から急遽用意を始めた物で
正規のCDプレス・印刷店を利用せず、すべて自前でなんとかした完全手作りCDです。
なので見栄えは多少貧相かもしれませんが、内容はとんでもなく濃密というか
最新の俺の音がつまっていますので保障します。
500円というお値段は自分の楽曲に対してのものです。

この味のある雑なジャケットイラストは自分で過去に描いたものですが
普通にコピー印刷したらなおさら味のある見た目になりました。
この洗練のされなさ、あか抜けなさもまたてにをはの味だと思ってくれる方が
いてくれたらいいなーと思いながら参加の挨拶と代えさせていただきます。

ボーマス参加のこと

てにをは屋敷ロゴ

THE VOC@LOiD M@STER25(ボーマス)に参加します!

イベントですよ!
なんとなくここから青春ストーリーが始まりそうな予感!

     □

まあ茶番はこんくらいにして、以下はうって変わって事務的な説明です↓

開催日:2013年7月7日
開催地:東京都:池袋:サンシャインシティ
     ワールドインポートマート4階展示ホールA1・2・3
参加者:てにをは  サークル名:てにをは屋敷
居場所:A1ホール F03、04
持参品:フルアルバム『女学生探偵ロック(初回限定盤)』\2500円
     ミニアルバム『密室音楽箱』\500円

※『女学生探偵ロック』を買ってくれた人には特典ポスターを進呈します。
※ミニアルバム『密室音楽箱』の詳細については
  こちらの過去記事→【てにをは、初めてのCD作り。】をご覧ください。

     □

当日アルバムかミニアルバムを買ってくれた人に心ばかりの気持ちとして
オマケCDも添えて渡したいと企んでおります。

1.怪異物ノ怪音楽箱
2.逢魔ヶドロップ
3.古書屋敷殺人事件
4.人間以上になれたなら(未発表曲)

すべててにをは歌唱アコギバージョンです。

     □

正直当日どんな雰囲気になるのかまったく予想がついていませんが
頬が緩みっぱなしになるくらいには楽しみたいなと思ってます。
そしてもしかしたら慌ただしい時間帯もあるかもしれないけど
その中でも来てくれた人と最大限の交流ができれば嬉しいです。

あ、暇そうにしてたらからかいに来てください。

よろしくお願いします。

アルバム発売

アルバムジャケット

アルバム・女学生探偵ロックが発売されました。

されました~の後ろに「!」をつけないのかい? と問われそうですが
この無理して平静を装う感じがロックなのかなと思ったんです。

でもやっぱり嬉しいです! めでたいね!

1.神保町遊歩
2.探偵ロック
3.怪盗大鴉
4.古書屋敷殺人事件
5.密室書庫
6.云わぬヶ花・阿
7.能面島神隠し事件
8.カタトキモ
9.横濱遊廓迷楼事件
10.こっちむいてほい
11.梅花繚乱
12.云わぬヶ花・吽
13.異国人形館殺人事件
14.誘蛾 ~名探偵育成計画~
15.ふたりがけ安楽椅子
16.ナゾハスベテトロケタ ~あとがきに代えて~
作詞・作曲・編曲・幕間台本・演奏:てにをは

とこのような内容になってます。
並べてみるといいね。たくさん作ったね。

     □

発売後は皆さんからたくさんの感想を頂きました。本当にありがとうございます。
「買いました!」「今届きました!」「あちこち探してます!」などなど購入の段階から
報告してくれる人もいて、まるで自分もアルバムを探す旅に
出ているかのような異様な臨場感を覚えました。
また発売までの間、毎晩日付が変わるたびにたくさんのイラストをツイッター上で見せてもらい
嬉しいやら楽しいやらでラスト1週間は夢のようなお祭りのような日々でした。
楽しかったな~。

     □

アルバムを制作するにあたってなのりさんにはジャケットを始め内部のイラストも
手掛けていただき、本当にお世話になりました。
その苦労は並大抵ではなかったろうと思います。
けれどこればっかりは手伝うよ~というわけにもいかず、俺は俺で曲を作り続ける日々。
でも結局お互いのフィールドでやれることを精一杯やるというのがなにより大事なんでしょうね。
それが良い結果に結びついていると確信しとります。

そして初回限定盤には過去のシリーズ動画が収録されたDVDがついてきます。
これまで七星さんがてがけてきた珠玉の映像をご堪能下さい。
大画面でより映える映像美です。
七星さん、本当にありがとう。お疲れさまでした!

     □

さて次は7月7日のボーマスです。
このアルバムと昨年制作したミニアルバム『密室音楽箱』(※過去記事参照)をもって参加します。
そのことはまた改めて。

ではでは。

女学生探偵ロック クロスフェード



はじめてのメジャーアルバム『女学生探偵ロック』が発売間近です。
どのくらい間近かというとちょっといい例えが思いつかないんで勘弁していただくとして
6月26日発売です。

クロスフェード動画も上がりましたんで見てってください。どうぞどうぞ。

かつて敬愛する漫画家諸星大二郎先生がインフェルノを「いんへるの」と表記したように
クロスフェードを「くろすへど」にしてみたかったんです。

アルバムの世界観を広げ盛り上げるなのりさんのイラストが随所に見られる動画となってます。
もちろん動画を制作してくれたのは七星さんです。
アイデアを色々と出して作ってくれたんだなというのがひしひしと伝わってくる好い動画です。
特に冒頭のシルエット演出は怪奇な雰囲気が出ていて好みです。
本当にお疲れ様でした!

クロスフェードの音源編集は初めての経験、つまり初体験だったんですが
結論からいうとかなり楽しかったです。
各曲のどこを聴いてもらいたいかをじっくり考えたあの至福のひと時が早くも懐かしい。
ちなみに途中で「解いてみな」っていうセリフが入りますがあそこは鏡音のレン君がしゃべってます。
アルバム本編ではまた違ったタイミングで入ってくるのでそれもお楽しみに。

その本編の話ですが、今回ミクはもちろんのことGUMI、リンレンも参加しての賑やかなアルバムになりました。
そして6と12曲目は先生とひばりちゃんのドラマパートとなっています。
アルバムが新たな章へと移り変わる場面でふたりが登場してきますので
これもまた難しいこと抜きで楽しんで聴いてもらえればと思います。

さて、もうここまできたらあとは座して発売を待つばかり。
買ってくださった人にはこれでもかと詰めこまれた
歌詞を、メロディを、俺の心と身体の不健康っぷりを
そしてなによりアルバムのトータルなデザインを楽しんで頂きたいです。

では今回はこのへんで。

能面島神隠し事件



五月ですね。皆さんミステリしてますか?

さて三つめの事件です。新曲ですよ!
タイトルを≪能面島神隠し事件≫といいます。
胡散臭いでしょう? でもわくわくしませんか? 俺はする。
ノウメントウって口に出した時にすごく言いやすいし字面も良かったので即決しました。

今回は孤島が舞台です。孤島はミステリの浪漫です。
古書屋敷を考えた後に次は洋館か孤島のどちらかだな、と考えてました。
ペンギンが腹に抱えてる卵くらい大事に大事に温めてた舞台です。

     □

さて詞について。
今回はひばりちゃんと先生の掛け合いをリズムを損なわない程度に増やしてみようと意識して詞を書きました。
「鈍感な娘に密室は~」など人形館でも少しやっていてそれが楽しかったので。
その分バランスを取るかのようにBメロでは土着信仰的な怪しくややこしい言葉を詰め込みました。

そしてサビ。ここはメロディのメリハリが命だったので「作家 先生 暴君 変人」と単語を並べてみたり
「アッパッパー」など響きの面白い言葉を持ってきたりとあれこれしてみました。
中盤の「おちゃらか」は好きなフレーズだったので異国人形館から出張してきてもらいました。

個人的に一番満足できた詞は「髪梳かし(神と化し)」と「旦那さんが口論だ」です。
個人的に一番自分を気持ち悪いと感じたのは「般若」って言葉を「はんにゃー!」と可愛くアレンジしてニヤついていたあの夜です。

あ、二番のサビを歌うときは「迷宮入り 迷宮入り」ではなく「メッキュい~り~ メッキュい~り~」と歌うとよさそうですよ。

     □

音について。
この曲の主役はベースです。間違いないです。
ギターには一歩引いてもらっております。ギターソロもないしね。
ベースが主張しすぎるくらいでいい、と割り切って作りました。

あとはとにかくタイトなリズムと、音から漂う幽玄さみたいなものを意識しました。

ああ、それからもう一つ(杉下右京風)
鈴の音にもご注耳ください。楽器店で買ってきた鈴がシャンシャン活躍してます。
古くより鈴の音には場を浄化し、清める作用があると言われています。
マイクの前でいい大人が必死に鈴をシャンシャン鳴らしている様はなかなか邪悪で不浄な光景ですがそれをやっただけの効果は出てるんじゃないかなあと思ってます。
浄化されたのは自分自身だったというわけです。

     □

この一連の楽曲のイラストを手掛けてくれているのははなのりさんです。
仮面を被った謎の男をぜひ出していただきたいとお願いしたら動画後半から存分に飛び回っておりました。
あの黒マント……いったい何者なんだ!
かっこいいです。見惚れます。

あれだけたくさんの絵を丁寧に描くのは本当に大変なことです。
それは絵を書くことを主としていない自分にも容易に想像がつきます。
本当に本当にお疲れさまです!

そして動画を制作してくださったのは七星さん。
スリルと怪しさとユーモア。七星さんならこれらを上手に表現してくれると思ってはいましたが予想を大きく上回る作品になっていてびびりました。

気に入っている所はたくさんありますが強いて挙げるなら冒頭のひばりちゃんのスカートひらひらと能面とカウントダウンのシーン、そして虫達のセクシーな動きです。

それとタイトルバック!
金を基調とした豪奢な背景にバァァァァーーンと映る「能面島神隠し事件」の文字。
新たな事件の幕開けを強く感じさせる力のある見栄えになってます。
嗚呼、たまらん……!

完成動画を見た瞬間アルバム制作で良くも悪くも内向きになっていた気持ちがぶわっと外に開かれたような感じがしました。
稀で幸せな体験でした。
七星さん本当にお疲れさまです。

     □

ちなみに、もちろんこの能面島神隠し事件も6月発売のアルバムに入ってます。
アルバムについては他にもたくさん書きたい事はありますがそれはまた次回に。

それでは。
プロフィール

てにをは

Author:てにをは
曲を作ったり、投稿したりしています。
【ニコニコ動画マイリスト】⇒mylist/21119203
コミュニティ⇒《co536196》

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。